2018年07月07日

室内フライトに最適♪KINGKONG/LDARC TINY 6X

今年は雨が多い感じです。
お外でドローン飛ばしたいですがなかなか天気に恵まれません。
しかし!!ドローンをアウトドアで飛ばすにはリスクがつきもの
しっかりテクニックは磨いておきたいものです。

IMG_1177
IMG_1177 posted by (C)harunoshisha


最近のお気に入りはKINGKONG/LDARC TINY 6Xです
買ったばかりの時は速すぎて
こんなもんマトモに飛ばせるんかいな?と思っていましたが
かなり手懐けました。
初心者がテクニックと知識をつけるのに最適の機体です。



送信機のKINGKONG/LDARC TINY X8のついたRTFバージョンは
リーズナブルでプロポ付きのオモチャドローンからのステップアップに最適です。
ベータフライトで様々なセッティングも可能です
OSDには未対応のようです。

Description:
Brand: Kingkong/LDARC
Item No.: TINY 6X
Version:Basic/Advanced PNP
Wheelbase: 65mm
Motor Type: Brushed
Motor: 716 17600kv
Propeller: 3-blade 31mm
Flight Controller: Betaflight F3
VTX: 5.8G 25mW 16CH Mini FPV Transmitter
Camera: 199C 800TVL 150°
Weight: 25g (Without Receiver and Battery)
Battery: 3.8V 250mAh 30C
Package Size: 15 X 15 X 5cm / 20.8 X 11.9 X 2.7cm
Package Weight: 0.1KG/0.42KG
Recommended Parts: (Not Included)
Remote Control: Frsky X9D Plus
FPV Goggles: FatShart V2
Receiver: XM(Frsky),RX800 PRO(FUTABA S-FHSS),FM800(FUTABA Fasst),FS-RX2A(Flysky),DSM2

7ミリモーターでパワフルです
マイクドローンは屋外フライトは無理と思われがちですが
無風に近い天気の時に外で飛ばしてみたら
ものすごく気持ちの良いフライトができました
安定感もよくクラッシュ後も数秒で自律し
常に同じようなコンディションで飛ばせます。



この機体にはかなり成長させてもらいました
高度維持の付いていない機体を飛ばす自信もつきました。

そしてさらにドローンの世界へとハマってしまう
きっかけとなる機体となりました。


posted by harunoshisha at 21:07| Comment(0) | DRONE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

静かなタイニーウープ KK2DW

初心者のワタクシ
高度維持のついていない機体を6畳の室内で飛ばすのが難しくて
おもわずポチったのがこちらでした。

IMG_1130
IMG_1130 posted by (C)harunoshisha

とても静かで安定しています
しかし壁への吸い付きや少し障害物に当たると
狂ったように暴走しますwww

20180610_082352702_iOS
20180610_082352702_iOS posted by (C)harunoshisha

フレームの塗装が弱く
指で触ってもはがれてくるほどです。



やはりwi-fi FPVは遅延もあり視野も狭くゴーグルではとても操縦できそうもありません
ですがアマチュア無線免許なしで楽しむにはこれくらいが
お手頃かもしれません。

安定と冒険どちらを選ぶかは
人それぞれですが
僕には
少し物足りなく感じ
さらなる深みへハマっていくのでした…

仕様:
商品名:KK2DW Wifi FPVドローン
リモートコントロール:2.4GHz(モード2)
チャンネル:4チャンネル
ジャイロ:6軸ジャイロ
リモートコントロール距離:約50m
Wifi FPV伝送距離:約25m
モーター:コアレスモーター
カメラのピクセル:0.3MP
ドロンバッテリー:3.7V 260mAh Lipoバッテリー(付属)
バッテリー重量:約8g
バッテリーサイズ:35 * 17 * 8ミリメートル
充電時間:約50分
飛行時間:約6分
コントローラバッテリ:3 * AAAバッテリ(別売)
機能:アップ/ダウン、左/右、前/後ろ、左右の側方飛行、ヘッドレスモード、1つのキーリターン、wifi FPV、0.3MPカメラ、気圧計セットの高さ、360°フリップ
ドローン重量:約19g(バッテリーを除く)
製品のサイズ:83 * 83 * 45mm / 3.26 * 3.26 * 1.77in
posted by harunoshisha at 20:11| Comment(0) | DRONE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

目覚めてしまった EACHINE E012

Linxtech IN1601 は操作しやすいんだけど
壁や障害物に衝突するたびプロペラガードがはずれ…
取り付けてはまたぶつかりはずれ…
もっとぶつかっても壊れないドローンないかなと
たどり着いたのがこれ

EACHINE E012

2018-06-03
2018-06-03 posted by (C)harunoshisha

おおきさ65ミリ×65ミリ
2,000円くらいのプロポ付き
完全オモチャドローン

カメラも高度維持もないシンプルな機体
プロペラのまわりにフレームがあり軽いので
ぶつかっても平気そうというのが購入理由

2018-06-03
2018-06-03 posted by (C)harunoshisha

しかしいつも使っているバッテリーとコネクタサイズが違う!!

2018-06-03
2018-06-03 posted by (C)harunoshisha

このオモチャの為にバッテリーを買うのもアレなんで…
手持ちのバッテリーが収まるようイジってみました。

飛ばすまでは前も後もわかんねー
安っぽいちんけなドローンだなと思っていましたが
やってみるとその鋭い操作感とスピード感はヤミツキwww

小さいだけにバッテリーの位置でまっすぐ飛んだり飛ばなかったり…
モーターも小さくフルアクセルでもターンでバウンドするような非力な機体ですが
高度維持のない機体はやはり操作が難しく
むずかしいが故にさらにハマるのであります。

もはや塗装も剥げ傷ついた機体
この楽しさにハマりTiny Whoop の世界へと足を踏み入れるきっかけとなった機体です。
posted by harunoshisha at 15:46| Comment(0) | DRONE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。